記事一覧

浜見平浦田の国語シリーズ番外

こんにちは。浜見平浦田です。
 先日、家人が図書館で借りてきた本が、リビングのテーブルに置いてあったので、ちょっと見てみたところ、
「日本語を作った男」
という、いかにも日本語に関するブログを書く題材になりそうな題名でした。
内容は、明治維新の後、言文一致運動を進めた学者、上田万年と、彼が活躍した時代を語った本、
らしい・・・。
 ほんの少ししか読んでいないので、詳しくはわからないのですが、序文から推察するに、どうもそういった感じの堅苦しい本のように見えます。
 でもなにげなくページをめくっていると、はじめの方に、ある会議での上田万年の様子が小説体で書かれた部分があり、そこにとても有名な人たちが出てきて、なんだかおもしろい。
 少し引用すると、

続きを読む

コンテンツ

過去ログ