記事一覧

コロナを忘れさせるウォ-チング(前)

こんにちは,茅ヶ崎で生まれ育った学習塾「神奈研MANABIYA」の桑原です。

何はともあれ学校が再開しました。あとはゆっくり軌道に乗ってもらいたいです。
もちろんゆっくり構えてなどいられない,というお声もあるかもしれません。
でも脱線してしまっては元も子もありません。
最近はデリケートな子が多いです。寄り添って(蜜は避けますが)よく耳を傾けながら万事進めたいところです。

 そんなわけで,久しぶりにのんびりした個人的な話題です。
自宅(萩園)近くの小出川の話を時々このブログでも紹介しております。
幸い過密感の少ない場所ということもあり,ステイホーム中も小出川沿いのウォーキング
を続けております。
歩きながら目(時には耳)でも愉しむ,差し詰めウォ-チングです。
ウォ-チング=WALKING+WATCHING (注;適当につくった言葉です)

ファイル 524-1.jpg ファイル 524-2.jpg

コロナ騒動が大きくなる直前の2月初旬,満開の梅の花にメジロが夢中になっていました。

3月になるとまさかの学校休校,正直驚きました。
卒業生だけの卒業式,入学式はどうなるの?わからない不安でいっぱいでした。
そしてテレビをつければコロナ,コロナ,コロナ・・正直嫌気がさすこともありました。
そんなときでもサクラは咲いて

ファイル 524-3.jpg ファイル 524-4.jpg

見る人を癒やしてくれました。
一時的にでもコロナ騒動のことを忘れさせてくれます。

続き


普段は音楽を聴きながら歩くことが多いですが,たまにあえて耳を澄ませて歩きます。
すると川中のいたるところでバシャバシャバシャ 鯉の産卵の儀式です。
葉だけになったサクラの木々の間でホーホケキョ ひときわ通るウグイスの鳴き声。
(ウグイスを声を頼りに探しましたが,見つけられませんでした・・まるで忍者だ。)

GWも今年はなんだか不思議な連休となりました。

休み中に料理でもやったろうと「電気圧力鍋」を購入。
豚の角煮,サバの味噌煮とつくってみました。ウワサ通りまずまず簡単につくれます。
調子に乗って洋食のポークビーンズに挑戦。
スーパーで「ひよこ豆」とやらを初めて買いました。

ファイル 524-5.jpg

家族からは過去一番の好評でした。

(どうでもいい話)
レシピ本に「ひよこ豆(ガルバンゾー)」と書いてありました。
ひよこ豆が何を頑張るんだろう?としばらく真剣に考えてしまいました。
「コロナに負けない」ということなのか・・
完全な思い込みですね(笑)ひよこ豆はガンバルゾーではなくガルバンゾー(ビーンズ)とも言うらしいです。

お後がよろしいようで(^^;