記事一覧

解答用紙でみる入試問題の推移

こんにちは,茅ヶ崎で生まれ育った学習塾「神奈研MANABIYA」の桑原です。
暑い日が続きますが峠は越えたような感覚はあります。もう少しの辛抱でしょうか。

みなさんは「最近の入試(公立高校)は難しい」というような話を耳にされたことはありませんか?
結論から言えば,概ねその通りだと思います。
暗記偏重であった昔の入試に比べて「考えさせる」ことに主眼を置いた作問が多くなっているためです。
ただ実際の難易度はこのところ年によりかなりタテぶれがあるのも事実。
ではここ10年の入試問題の変遷を,社会科の解答用紙を並べ追ってみたいと思います。

ファイル 529-1.png ファイル 529-2.png ファイル 529-3.png

いきなりですが,やるとしたらどれが一番イヤですか?


続き


大半の方は真ん中(H26)と答えるでしょう。当然かと思います。
あきらかに左右に比べ異質です。
それにしても5年間隔でずいぶん見た目が変わっていますね。

資料を見比べ,思考し,それを表現する。そんな力をみるには記述の問題は欠かせない。
国の方針に沿うこともあり,このようにまるで国語の答案(横書きですが)のようになりました。
ちなみにこの頃は国語の問題にも100字弱の作文問題が2問ありましたが,今は30字程度が1問あるだけです。
他にも英語では英作文が3問,数学は全証明があったり・・考えてみればあの頃の受験生は大変だったなあと思います。
記述という視点だけでみれば,どの科目も今はすっかり軽くなっています。
いったいなぜでしょう。

大変だったのは受験生だけではなかったようです。
採点する高校の先生方はそれはそれは苦労されたことでしょう。
採点ミスが問題になったこともあり,その後急速にマークシート化(H29より)と記述系削減に向かいます。
ちなみにH31の答案用紙は実際には選択部分は全てマークシートです。

では次に平均点はどれが一番低いと思いますか?

やはり真ん中(H26)だと思われる方が多いでしょう。 が,実は一番右(H31)なのです。
合格者の平均点は左から順に61.8,49.5,42.5点で真ん中より7点も低いのです。
もっと驚くべきは,似たように見える左と右で平均がなんと約20点も違う!ことです。

最近中学では平均点を公表しないことが多くなりましたが,中学校のテストで平均40点というのはあまり見かけません。
30点以下の子がゾロゾロいないとでてこない数字ですから。
何がそんなに難しいのか。

例題を1題あげてみます。

ファイル 529-4.png

この問題の正答率は15.6%です。
8択なのでくじ引き感覚ではなかなか当たりません。この選択肢の多さも平均点を下げている一因です。

公民の経済分野で為替相場を学習します。そのときに円とドルの関係で例示されることが多いので,
応用の利かない子は円が出てこない時点で「参った」となります。
正解した子の多くはユーロを円に置き換えた上で「ユーロ安」と判断し,通貨量がどうなるとユーロ安になるか?
輸出するときはどうなのか?などを持っている知識を使って考えきることができたのでしょう。
ちなみに正答は7番です。

このように複数の知識を組み合わせた問題が多くなっています。
ですから解いてみると答案の見た目よりはるかに疲れます(--;

最後に今年2月,最新の問題はどうだったのでしょう。

ファイル 529-5.png

体裁上のことも大きいですが,見た目完全に前年H31似です。
しかし平均点は58.2点。なんと前年より約16点上がり10年前の平均に近くなりました。
当然中身も基本的な知識を問うものが多く,ずいぶんと軽くなりました。
実際に当日受検した生徒からも「社会がびっくりするほど簡単だった」の声もありました。

ちなみに昨年は理科でも同様のことが起きています。
そもそも理科も社会もある年に突然「超」がつくほど難しくなった経緯があります。
うーん,これはもうロシアンルーレット状態。来年も何かが大きく変わるのか・・
きっと安易に山をかけたりせずしっかり勉学に励みなさい,ということでしょう。

さあ受験生のみなさん,手は抜けませんよ。教科書片手に地道に積み上げていかないと!


====茅ヶ崎で開校以来40年以上支持されている学習塾「神奈研」がつくった育成型個別指導の「MANABIYA」====
====落ち着いた環境の中でベテラン講師が1人ひとりと対話をしながら学習姿勢を育てます====